※当ブログの記事は、ルチア氏、ポラリス氏の「転載許可」を得て掲載しております。 忍者ブログ

オーケーのブログ(「(新)ルチアさんの霊言とメッセージ」保管庫)

<このブログは宗教団体「幸福の科学」の様々な内部告発や退会者の方々からの情報をまとめ現信者の親友Kさんに参考にしてもらうためのものです>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

アントニウス様と様々なお話を!①(2013/11/02)

643 名前:ルチア[] 投稿日:2013/11/02(土) 13:32:45.86 ID:a8ED5KyP [1/13]

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
アントニウス様と様々なお話を!①
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

先日のアール・エル・ランティ様の霊言の前にミカエル様の霊言をと思って一時間お話したのですが、ルシフェルの露骨な邪魔に会話が途切れ途切れになり書き込みできる内容になりませんでした。

こんなことは初めてです。ルシフェルにとってミカエル様の霊言は許し難いのでしょう。

最近、霊言を全力で阻止しようと積極的に妨害をしてきます。

空海様曰く、ルシは全面戦闘体制に入った感じだと教えて下さいました。

すべてが混乱して、本当に大変な時に、アントニウス様に助けを求め、ルシの激しい妨害にもめげずに祈り続け、修法を行じ続け、やっと、嵐が鎮まり、聖アントニウスに通じたのです。

切羽詰まった感じで、ルチアの悩みを相談していたのですが、その何気ないアントニウス様のお話が、ずっと、引っ掛かっていました。

気になって、その時のお話を思い起こしてみましたら、アントニウス様はとても大切な事をお話下さっていたのです。

悩みの渦中にある時は、その答えに気を取られ、周りの景色が全く見えなくなるといいますが本当にそうだと思いました。

四週間以上前の十月二日のお話です。

「大日意識・聖アントニウスよ!大日意識・聖アントニウスよ!、アントニウス様!、今、取り組んでいる仕事が思うようにできなくて…。」

「心配しなくていいよ。何も。なーんにも心配する必要ないよ。」

「ううっ…遅くなるのではないかと」

「うーん、とてもね。キツくて辛いけれどもね。でも、心配する必要ないよ。気を楽にして、流れるままに、リラックスしてね」

「ううっ、ううっ…このメッセージは凄く大事なメッセージなんでしょう」

「そうだね。とても大事なものだからね、まぁ、人類にとって掛けがえのないものだから、大事にしてね」

「でも、中々、満足いくように進まなくて」

「気にすることはない。なるようにすべては上手くいくようになっている、最初から。あなたが心配する必要はない。百パーセント心配する必要はない。何故なら、すべてが上手くいくようになっているから。そのメッセージは必ず、伝えられる。なんにも心配する必要はない」

「でも、キチガイと言われて、傷付いて、私の感情が揺れて揺れて、ううっ」

「うーん、それは辛いね。辛いけども、邪魔したい者達も居るから、さまざまな事はあるだろうけれども、メッセージは必ず、伝わるから心配する必要はない」

「中々、遅々として進まない、ううっ」

「うん、進んでいる。急ぐ必要は何もない。決められた日時にきちんと出るようになっている。だから、何も遅れている訳ではない」

泣き声で「アントニウス様、大川隆法は道を踏み外しっぱなしなのですか。これは想定外だったのでしょう」

「宇宙に様々な物語があるように地球にも様々な物語がある。その物語の中にいるとね、とても大変なんだけれども、物語がないと歴史は生まれて来ないからね」

「では、私がここにいるって言うことも物語を紡ぐ一つの糸なのですか」

「そう!宇宙にとって大事なことは、発展していくことだけれども、その過程で様々な学びを得ていくということが更に重要なことでね。その為には人間が愚かであるということは非常に大事なことであるよね。それがなければ学ぶということが出来ないんだよね。愚かであるからこそ様々な学びがあり、反省し、涙し、人を見て、あのようにならなければいけない。でも、自分はなれない。でも、頑張ったらなれた。もっと、もっと強くなりたい。もっと、もっと賢くなりたい。もっと、愛満ちる人になりたい。もっと、もっと、優しくなりたい。でも、中々、上手くいかない。やってみたら失敗した。でも、何回も何回もやったら、いつか自分の理想とする自分になっていた。うーん、そういう事の繰り返しだね。うーん、だから、諦めちゃいけない。でも、長い時間をかけて夢と理想を持っていれば、いつか近づいていくことが出来る。それが歴史であり、物語である。だから、失敗だと思ったら、失敗になってしまうけれども、これは途中経過であって、必ず、それは実現いくんだと思えば、必ず、そこに近づいていくことが出来る。そして、そこが決して終わりではなくて、これは無限の階梯があって、それは新しいゴールが次々と自分の中に生まれてくる。そうやって無限の発展をしていく。それこそがね、本当の学びであって、まあ、大川隆法がこういうことになっているということ、それで、あなた方も色んな事を学ぶことが出来るし、だから、一直線に発展することは神は望んではいないんであって、そこに様々なチャレンジをして失敗し、反省して、ああなってはいけない、こういう風になるのが理想である。そんな中で戦って、強くなり、愛を深くし、より透明な心に、人の心がより分かるようになっていく。そういうことを神は望んでいるんであってね」

「でも、アントニウス様、ルチアが単独で自殺防止キャンペーンをやっている時にはいっぱいいっぱい優しい気持ちが漲って、暑かろうが寒かろうが、頑張れたのですが、一人でこうやって何年も死ねだの、殺すだの言われて居ると傷ついてしまう(涙)」

「そういうときには『正心法語』を読んでね、心を落ち着けなさい。魔が来ているときは光が入っていないときであるから、光を強くするために『正心法語』を読んだり、真理の本を読んだりね。あなたがやっていたように、人のためにそうやって書籍を配ったり、チラシを配ったりするってことは光が入るけれどもね。それは簡単だけれども。でも、今やっていることの方が遥かに遥かに大きな愛だね。あなたのやっていることが、これは大きな人類に対する慈悲であり、深い愛の行為である」

「うう、些細なことで心が揺れたり」

「だから、それを邪魔しようとする者も当然出てくるけれども、必ず、メッセージは伝わるから、心配しないで宜しい」

「はい」

「伝えさせたくないって言う者がいるんだ。それは。だから、茨の道だけれどもね、あなたのやっていることには大きな意味がある。とてつもなく大きな意味があるということを信じなさい。だから、妨害はあらゆるところから来るかも知れないけれども必ず、伝わると言うことも信じなさい。百パーセント伝わる。素晴らしいメッセージとしてね。そうなるようになっておる。心配する必要はない。百パーセント心配する必要はない」

満面の笑顔で「これは大切なメッセージだと分かります」

「まあ、歴史的に大きな意味があってね。アメリカが段々と光を落としているけれども、やはり、次の覇権国家として、日本は単に軍事力だけではなくて、精神的な光というものを有した本当に他の国のために、多くの世界の人類のために国民一人一人が貢献するような国。それを目標と定めることが出来る、そういう知恵と勇気と力のある国家として、日本は次の世界のリーダーになっていかねばならない。それは必ず、そうなるだろう。日本の持っているポテンシャルと言うか、それは国民の知恵として蓄えてきた。この国の力に大きなものがあるので、やはり、自国のためだけではなく、世界のためにそれを使っていかねばならない。それは財産であるし、その財産はやはり、自分達だけではなくて、世界のために使っていかなければならないと思う。そういう国として日本は造られているのだと言うことを信じなさい

「日の本ってお日様の本ですものね」

「うーん、そうだね。だから、これは世界に光を放っていく国として日本は造られているのだ」

「まだ、この手元にあるメッセージの大切さに誰も気付いていないのですね

「それが日本人にとって、新たな目標となるだろう。まだまだ、日本人は次の目標を見出だせずにいる。明治維新以降、世界の先進国を目指して、突き進んで来た訳だけれども、だから、豊かになったし、物も充分に食べられるし、着る物も綺麗な服も着れる、だけれども、その次の目標って言うものをまだ、見出せずにいるんだ。だから、精神的な高みと言うものを日本人は知らなければならないし、それを次の目標としなければならない」

「これがそのメッセージなんですね」

「そうだね。霊的な世界観を持ってね、人々を光の方向へ導いていく、その水先案内人として日本はその役割を果たしていかねばならない。それが神から与えられた日本の使命だと言うことである。まあ、その日本人に対する招命のメッセージであるということだね」

「うふふ。そうなんだ」

「そういう意味で私、天照大神、吉田松陰、伊藤博文という…」

「私って、今、仰った?私って、仰った?」

「私は聖アントニウスである」

「あっ、そうですよね。私と天照大神と吉田松陰と言う意味ですね。私、天照大神ではなくて」

「ははっ、私は天照ではない」

「ははは、違いますね。でも、人間、愚かだから、いいんですね。愚かだから反省したり、学びがあるんですね」

「そう!人間が愚かだから、神様、神っていうのは人間をね、本当にね、愛しているし、本当に幸せにしたいと思うし、転んでばかりいるから、何とか、もっともっと知恵を身に付けて、光ある存在になっていきなさいと神様は思っている。自らがやはり、知恵の光によって、世の人々を助けられるように、他の人を助けられるようになりなさい。そして、日本と言うのは、今、世界の中でも最も重要な鍵を握る国であるから、あなた方はそのことに気付きなさいということだ」

「本当は幸福の科学が世界に光を流す役割があったのでしょう」

「今は幸福の科学を知っている人は少ないよね。幸福の科学は初期の頃、日本では誰も知らない者がないくらいに一時はなったよね。やっぱり、それはその時本物の光が降りていたからだよね」

「あっ!本当だ」

※当ブログの記事は、ルチア氏、ポラリス氏の「転載許可」を得て掲載しております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ
にほんブログ村 :2chに投稿されている「ルチアさんの霊言とメッセージ」を一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方は、その都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学 批判・告発へ

2chに投稿されている「ルチアさんの霊言とメッセージ」を一人でも多くの信者の方々に見て頂きたくて「ブログ村」に参加しています。このページを訪れた方はその都度、上のバナーをポチっと押して頂けたら幸いです。

※当ブログの記事は、ルチア氏、ポラリス氏の「転載許可」を得て掲載しております。

カテゴリー

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
オーケー(このブログはリンクフリーです)
性別:
男性
自己紹介:
宗教団体「幸福の科学」に約二十年間在籍していた元信者です。幸福の科学が信者に見ないように指導している内部告発、退会者からの情報や意見を、現信者である親友Kさんのための参考資料としてまとめていこうと思っています。

ブログ内検索